貴方の影を追いかけて


「どうしてしばらく来なかったの」
そう言ってあなたはこちらへ歩み寄る
あの日と違い、太陽の気配がした

あなたが背を向けて帰った日
微笑みが向けられた視線
拒絶と反対の穏やかな語り口
揺らぐ気持ちとささやく風

大きく浮かぶ夕日
私たちは同じ光に照らされて


思い出す、あの夕立の日
あなたの背中、階段を駆け下りる姿

目が合うだけで、ことばを交わすだけで
それはまるで奇跡のよう

時間は過ぎて行く、波のように揺られて
遠くへ、遠くへ


波止場をさがす
あなたの影を追いかけて

at 00:20, つぶやき  

comments(0), -

0
    http://zeinn.jugem.jp/?eid=232

    呼応する


    テグスよりも細く、落雁よりも脆い

    呼応する私たちの距離感


    あの日交わした幾ばくかの言葉

    曖昧な憧憬、貴方の指が紡ぐ切なさ


    ふるえる弦に、溺れるけれど

    呼応する、もどかしさ


    まるで終わらぬ対岸の火事

    切なく、もどかしく、愛おしい

    at 00:10, つぶやき  

    comments(0), -

    0
      http://zeinn.jugem.jp/?eid=231

      雑感


      今までどう生きていて、これからどうなるかということよりも、今、ココにいる彼女が、全てを放棄するほど苦しんでいるという現実こそが全てだと思う。

      生死の葛藤は、人間の根源的なものである以上、「生きる」ことを選べたなら、その道が最良であって欲しい。

      at 01:28, つぶやき  

      comments(0), -

      0
        http://zeinn.jugem.jp/?eid=230

        赤いグレッチ

        ちっぽけだ
        学び、習う。
        辛いね、悲しいね、って

        どこまでいっても一人
        今までも、これからも

        眩しい街、年の瀬の輝き

        本当は寂しいんだよ。
        誰かとこの冷たさを分かち合いたい
        赤いグレッチを抱いて
        涙を浮かべながら夜明けを待ってる

        at 00:04, つぶやき  

        comments(0), -

        0
          http://zeinn.jugem.jp/?eid=228